お知らせ

有限会社ユニッツが平成28年度サービス等生産性向上IT導入支援事業におけるIT導入支援事業者に認定されました。
生産性向上のためのIT導入の補助金申請を支援いたします。(20万円以上100万円以下、補助 ・助成率2/3以内)

機能について

顧客管理

お客様情報をしっかり管理。企業特有の組織・部署別の管理にも対応。

リアルタイム監視

配送状況をリアルタイムで監視。

移動距離計算

緯度経度情報で、移動距離を瞬時に計算。複雑な料金パターンの設定も可能。

給与計算

実績による配送員の給与計算機能。

請求管理

請求先を、会社、部署、担当、伝票単位にまとめることが出来る、請求管理機能

配車サポート

配送実績、待機場所、荷届け予定場所などから、配送員を自動で指定

完了報告

配送完了を自動でメール、FAX送信

定期配送自動化

荷受け、荷届け伝票を定期的に自動作成

導入の流れ

1.お問い合わせ

担当がお伺いし、システムのご説明、デモでの実演をしながら、お客様の業務内容、サービス、ご要望などをお伺いいたします。
ご希望によりお客様のパソコンにデモ版を導入し、実際にご利用いただくことも可能です。

2.カスタマイズ

お客様の業務に合わせて調整いたします。(帳票デザイン、画面デザインの変更)
また、お持ちの伝票、エクセルデータ、ご利用中のシステムなどから、既存データを移行いたします。(有償)
ご希望により機能のカスタマイズや機能追加をいたします。(有償)

3.導入

サーバ、クライアントパソコンに、システムをセットアップします。 セットアップ作業は、半日で完了いたします。 セットアップ作業後、一通り動作確認をいたします。  また、簡単に機能説明などを従業員の方へ行ないます。

4.本番

本番稼動当日~数日間は、当社サポートエンジニアが業務をスムーズに運用できるように待機いたしますので、ご安心ください。

費用(一例)

本体価格

クライアント  5台 2,350,000円
クライアント10台 4,500,000円

その他にかかる費用

初期導入費(設置費用)
サポート費用(安定的にご利用いただくための費用)
 ※お見積り致します

よくあるご質問

日本全国対応致します。
ご訪問にてご説明させていただきます。またテスト版をお試しいただくことも出来ます。
東京・神奈川・千葉・埼玉でしたら出張費無料、そのほかの地域の方はお見積りさせていただきます。
お客様の仕様に合わせる期間が必要ですので、お打ち合わせの上、お見積りさせていただきます。
当社にてデータ移行作業も行ないます。
料金は、データ件数、項目数によって異なります。
当社にて、データ入力作業を行いデータベース化いたします。
料金は、データ件数、項目数によって異なります。
当システムはパソコンの初心者の方でもわかりやすいよう設計されておりますので、ある程度入力やマウス操作が出来れば、すぐに慣れていただけると思います。
操作方法などは導入前にご説明をさせていただきます。
追加費用は必要ですが、出来る限り対応致します。
サポート期間中であれば、メールやお電話でお問い合わせいただけます。
新しい従業員様へのご説明等は、出張にてご説明に伺います。費用はお見積りさせていただきます。
システムに添って業務をすすめることにより、お客様への対応や早くなり、またミスが少なくなるなど業務の効率化をのぞめます。
業務フローを変えることが難しい場合は、DMS-V1をカスタマイズすることによっていままでの業務運用方法でスムーズに運用できるようになります。
システムを導入する際に、システム障害時の対応マニュアルも一緒に作成しお渡しいたします。
また、システム停止時に業務が止まらないように、予め、手作業での業務運用マニュアルを作成することをお願いしております。
ご希望の方に、お持ちのパソコンへDMS-V1のデモ版をインストールいたします。
全ての機能が使えませんが、DMS-V1の魅力と性能を十分に知っていただけると思います。
デモ版のインストールは当社エンジニアがお伺いし行ないますので、お気軽にご連絡ください。
(申し訳ございませんが、東京・神奈川・千葉・埼玉以外の地域の場合出張費用がかかります。)
帳票システムを御社用デザインにカスタマイズし納品いたします。。

トラック バイク

有限会社ユニッツ

東京都江戸川区
東京商工会議所正規会員
≫ホームページ

製品

ユニッツ顧客管理システム

ユニッツ顧客管理システム

データベース共有の出来る本格的な顧客管理システム。DM宛名印刷・メール一括送信など、顧客情報を活かす多彩な機能を、簡単操作で。
ユニッツ営業管理システム

ユニッツ営業管理システム

顧客情報に営業データをプラス。顧客とのやりとりのメモはそのまま日報に。顧客情報を会社の共有財産とすることで、引き継ぎ時の心配も軽減されます。

PAGE TOP